2019年03月07日

Unity Error | `AppleTangle' does not exist

すくすく教育シリーズ第二弾
自然に優しい暗記カード♪♪

さて、今日は Unity のコンパイルエラーについて。

Player Settings... で、UnityIAP のレシートバリデーションを使う為に、RECEIPT_VALIDATION を有効にしてると、AppleTandle class というのを使う事になるんですが、これが見つからないんですよねぇ〜。

ReceiptValidation.png

先日リリースした、Eco Index Card のプロジェクトを見てみると、普通に存在してるんですが、どうやら Unity が自動で生成するファイルの様なんですが、生成されてないみたいです...

Google でサーチしても、特にバッチリとマッチする内容が見当たらないんで、Library フォルダを消して、プロジェクトを再構築して見たり、上の Define Symbols から、RECEIPT_VALIDATION を消して、もう一回追加して見たり、Unity の Services から In-App Purchasing を無効にして、再度有効にして見たりしたんですが、全然まったく生成されないんですよねぇ〜。

で、ようやく見つけたのが、この記事.....

完全に一致ではないんですが、やっぱりこの Window > Unity IAP > Receipt Validation Obfuscator のステップを踏まないといけないのかなぁ〜。でも、過去にやった覚えないんだけどなぁ〜。

ま、やって見ましょう。
MenuLayer.png
Receipt Validation Obfuscator を選択して、
ReceiptValidationObfuscator.png
この画面なんですが、そう。今現在、Google Play の App って無いんですよね.....
ま、そのうちやりたいんですが、今、余裕なくて iOS しかやってないんだけど....

なんで、Public Key に関しては、そのまま何もペーストせずに、"Obfuscate Google Play License Key" 押して見ました。

.....で、当然なんかエラー出てたんですが、ひとまずファイル達は生成されたみたいです♪
GeneratedFiles.png
内容も AppleTangle に関しては問題無いみたいなんで、今の所、これで良しっ! って感じで、先に進んで見たいと思いますね ♪


初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 
百人一首、クイズの練習に♪
結婚式の二次会とかにピッタリ♪
Version 1.0.1 絶賛公開中!!
弾幕系よけ x よけゲーム
Version 1.2.0 絶賛公開中!!
基本無料。ゲーム内課金有り(無料で十分遊べます)
Version 1.1.0 絶賛公開中!!
すくすく教育シリーズ第一弾
posted by やまけん at 22:52| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: