2016年09月21日

プロジェクトの分析 | Firebase に対応してみる

えっと、今回はアプリを分析する為のツール、Firebase に対応してみたいと思います。
AdMob 同様、Google 様が提供してくださってる、無料の分析ツールです。
当然データは抜かれてるんですが、気にしないでおきましょう!

いつものように、親切な解説がありますから、そっから始めてみましょうね。
まずは概要の説明ビデオから。

引き続いて、アカウントの設定ですが、もう勝手に作られてるのかな?gmail アカウントを作った時に。それともデベロッパー登録するした時??ちょっと分かんないですが、ここまで来た君なら大丈夫!気にせず進んでいきましょう!!

では、SDKのダウンロードとか、実装方法なんですが、このあたりですかね?ビデオも分かり易く出来てる気もしますが、Unity のパッケージファイルの形でサポートしてないのかなぁ〜。

ちょっとググってみると....ありますね。ここかな?
一応他にも検索してみましたが、firebase のブログからリンクが貼ってあるみたいなんで、これが一応公式みたいですね。

じゃ、ここからパッケージファイルをダウンロードして、既存のプロジェクトにインポートしてみますね。

さて、パッケージファイルを開いてみたんですが、ちょっとだけ、嫌な黄色い三角アイコン、ワーニングが出てるみたいですね。
Screen Shot 2016-08-30 at 3.02.49 AM.png

なんか嫌な感じですが、よーく見てみると、AndroidManifest.xml ファイルだけなのかな?
正直、Android はまだ関係ないんで、無視してもいい気もするんだけど....

で、GitHub の ReadMe をちょっと覗いてみると、注意書きがありますね!
もし、AndroidManifest.xml ファイルがもうあるなら、インポートしなくていいみたい ♪

<uses-permission android:name="android.permission.INTERNET" />

の一行を追加するだけでいいみたいです。

じゃ、インポートは止めておきましょうね。では、残りのファイルをインポートしてみたいと思います。

........なんか、Unity がクラッシュし始めちゃいましたねぇ〜〜。
う〜ん。これは、なんかやばい感じ。

ちょっと、今回はGive Upですね。インポートしたファイルを全部消して、元に戻したいと思います。
いや〜。今回は、完全に無駄骨だったなぁ〜。

初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 
posted by やまけん at 01:39| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: