2015年02月05日

Appleへのアプリ提出 (4) | アーカイブの作成

前回で気になってたビルドのワーニングは一掃できました。
なんで、今回からは提出に向けて頑張っていきまつ。


アプリ名がなんか違う...
そう言えば、全然気にして無かったんですが、デバイスにインストールした時のアプリ名、なんか昔の名前になってるんですよね〜。
どこで設定してるのかなぁ〜?Unity側であったっけ?

ん〜。やっぱりないですね〜。

ほー、こんな所に設定が!
プロジェクトの Build Settings タブをちょっと下に降りると、"Packaging" っていうセクションがあるみたいです
Screen Shot 2015-02-04 at 6.45.52 PM.png
ちょっとやってみましょう。

....あれ、なんか直りませんね...
あっ、こっちかな?
Info.plist の方に、なんかそれっぽいのがありますね。ここ変えてみましょう!
ProductName2.png
これでビルドやり直すと変わりました!!

ちなみに、"Packaging" の所の名前は、バンドルIDでしたねw
元に戻さないとIAP購入とか GameCenter の機能とか動きませんww


アプリのリリースプロセスをもう一度見返してみる
さて、ゲームを作るのに集中してて、あんまりちゃんと見てなかったリリースに向けたプロセスをもう一度見て行きましょうかね。
おおまかな 制作->テスト->提出 の流れはここらへんに書いてありますね。

で、ベータテストに向けての流れはこのあたり

おや...?
そんな事ができるのか?ちゃんと資料は読むべきでしたね〜。
デバイスで実行中のビルドのスクリーンショットが撮れるんですね〜。
ちょっと脱線して、今後の為にそっちを見てみますね。


XCode経由でデバイスのスクリーンショットを撮る
全然開いた事なかったなぁ〜。デバイスWindow。
さて、説明はこんな感じですが、むちゃくちゃ簡単ですw
Screen Shot 2015-02-05 at 2.45.30 PM.png
デバイスをMacに繋いでXCodeを起動。
トップメニューの Window -> Devices を選択して...
Screen Shot 2015-02-05 at 2.45.53 PM.png
デバイスWindowが開いたら、自分のデバイスを選んで、"Take Screenshot" ボタンを押すだけですね ♪
スクリーンショットはデスクトップ上に保存されるみたいです。
Screen Shot 2015-02-05 at 2.52.44 PM.png
結構今まで苦労してキャプチャしてたのに、楽勝ですねww


提出に向けてのアーカイブ作成
さて、脱線から戻って来ました!
さらにドキュメントを読み進んで行くと、ようやくBetaテストに関する記述が!
Screen Shot 2015-02-05 at 3.28.24 PM.png
まずはスキームの設定だそうですが、Unity でビルドした時に出来てるのかな?
一応みてみますね。
Product -> Scheme -> Edit Scheme... で
ProductScheme2.png
Archive を見てみると...
Screen Shot 2015-02-05 at 4.12.32 PM.png
Release の設定になってますね ♪

で、次は実際のアーカイブの作成みたいです。
アーカイブ作成の際は、シミュレータからは出来なくて、iOSでバイスが接続されてないと駄目らしいです。
シミュレータ使った事ないけど...
なんで、デバイスが繋がってる時のスキームを選択しておいて、Product -> Archive を選択!
ArchiveMenu2.png
これでいいのかな?

おぉ!なんか、いっぱいエラー出て来た!これは困ったなぁ〜...


アイコンもUnityから設定
またまた脱線です!
なんかいろいろ調べてるうちに、アイコンもUnityから設定出来たみたいですね。
なんか設定出来ないと勘違いしてました。

実際今やってますが、プロジェクトを作り直す時とかに面倒なんで、コレもUnityからセットする様に修正しちゃいますね。
ビルドの "Player Settings..." でプロジェクト設定を開いて Icon セクション。
Screen Shot 2015-02-05 at 5.50.40 PM.png
テクスチャは Compressed になってるとワーニングが出るんで、16bits Format で。

さて、XCodeでみてみると...
Screen Shot 2015-02-05 at 8.06.24 PM.png
........なんか、大丈夫なの?って感じですねぇ。。。
ん〜。やっぱり前にやった様な設定にしようかな。


エラーの元凶の原因判明!
そんなこんなで、リリース版にした時のエラーの原因をもう一度ググってみたんですが、なんか分かって来ました!
どうやら、使ってるアーキテクチャの問題らしいです。
Unityの方で、64bitアーキテクチャ(arm64)をまだサポートしてないらしく、それが原因でエラーが出てるみたいです。

じゃ、arm64を外してみましょうね。
....探した結果、アーキテクチャの設定は、プロジェクトの全体設定(ターゲット毎じゃなくて)のBuild Settings にあるみたい。
ここの、"Valid Architectures" ですね!
Screen Shot 2015-02-05 at 6.38.27 PM.png
ここの、arm64 がまずいみたいなんで、消しちゃいます!
Screen Shot 2015-02-05 at 8.30.29 PM.png
これでいけるのかなぁ〜?
じゃ、また Product -> Archive をやってみますね。

....おぉぉ〜。
出来たみたいです!!
Screen Shot 2015-02-05 at 8.04.57 PM.png
やっとできたぁ〜!!

じゃ、ちょっとまた苦労しそうなんで、今回はこの辺で止めておきますね。
次回をお楽しみに!!

初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 

posted by やまけん at 20:40| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。