2015年01月25日

映画 | American Sniper

今回は、久々に戦争が題材のアメリカン・スナイパーを見て来ました。

これも、クリス・カイルさんという、退役軍人さんの実話が元になってるお話だそうです。
ブラッドリー・クーパーが主演ですが、これまでの作品とか、トークショーに出てる時の面白い彼を全く感じさせない見事な演技でしたね〜。
後になって、クリス・カイルさん本人の写真を見ましたが、結構そっくりなんですね!

全米公開開始の週末だった事もあって、大きなスクリーンだったけど、最前列までいっぱいの多入りでした。

クリスさん。テキサス出身の方なんで、自分の大好きな南部ネタがいっぱいだったんですが、やっぱりシリアスな戦争がテーマのお話なんで、そのまま面白いだけじゃ終わらないんですよね。

さて、お話自体は911以降の戦争で、まだまだ記憶に新しい戦争で、クリスさん自体には同意できる部分もあるんですが、ちょっと生々しい感じで、受け入れにくい部分も多々ありましたね。個人的には。

あと、観客の多くも退役軍人みたいな人が多かった気がして、基本、強いアメリカが好きな人ばっかりだと思うんですよね。
なんで、敵倒した時に、歓声とか拍手が起こるんです。
ま、敵なんですが、遠くない過去に起こった戦争の出来事として見てる自分には、まだまだ、映画、エンタメとして見れないんで、正直ちょっと違和感ありました。

プライベートライアンとかWW2くらいだとまだ映画としてみれるんですけどね。
ただ、アンブロークンのトレーラーが流れる時は、ちょっと心を痛めますが。

今でも日本に暮らして、日本でみてたら、また違ってたかもしれないんですけど。

ただ、よくあるトップガンとか、バトルオブロスアンジェルスみたいな、軍隊のプロパガンタやリクルート目的の映画って訳でもなく、後日談、PTSDのお話もちゃんと出てくるんですよ。ま、そこがカイルさんが尊敬を集める肝でもあるんだと思いますが。

なんで、真っ正面から近代の戦争を見つめたい人にはオススメです。

あっ、あと、こっちでは宿敵を倒したシーンとかだと、普通に歓声とか拍手湧き起こるんですよね。
ボクシング映画とか、エクスペンダブルズとかw
大声で映画の途中で突っ込み入れてる人も居るけどww

それも含めて楽しめる大きな心でいないと、映画館には行けないですね〜。

初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 

posted by やまけん at 13:52| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: