2014年12月26日

ゲームのリリース前微調整 (7) | 爆発エフェクトの修正 part3

さて、パーティクルを使った爆発エフェクトもだいぶ調整出来て来たんですが、まだ細かい問題が!
ま、実は、大きさのバランスが悪いだけなんですけどねw
今回は、その辺を調整していきたいと思いますね。


またいつもの現状確認から
前々回最後の動画を見てもらうと分かるんですが、爆発の大きさのバランスが悪いんですよね〜。
見えてる問題としては、
  • 小さい隕石を倒した時のエフェクトが大き過ぎ。
  • 大きな隕石を倒した時のエフェクトが小さ過ぎ。

この2つの問題を解消していきたいと思います。


スケールの設定できるかな?
2つの問題を解決したいんですが、結局、一応スケールが調整したいだけですよね。(ホントはもう一個やる事あるけど。)
パーティクルのスケール調整、前試しに、Transform のスケールを変えてみたんですが、その影響受けないんですよね。
なんで、直接エミッターのパラメータをいじらないといけないっぽいんですよね。
ちょっと試してみますね。

....そうですね。大丈夫みたい。
アクセスしやすい様に、また "Explosion" class っていうスクリプトを書いてみました。
Screen Shot 2014-12-24 at 4.03.34 AM.png
エミッターへのアクセスは、Ellipsoid Particle Emitter って名前でずっと探してたんですが、結局、ParticleEmitter として宣言すれば大丈夫みたいです。(6行目)
19行目〜28行目のコードが、エフェクトのサイズに関連するパラメータのスケール調整用ですね。
ひとまず、こんな感じで、動きが変わらずにスケールが変わってくれるはずです。

で、このクラスを、エフェクトの一番上にコンポーネントとしてくっ付けてます。
Screen Shot 2014-12-24 at 4.07.06 AM.png
これで、エミッターのパラメータへのアクセスは問題ないっすね。


再度爆発エフェクトの調整です!
さて、じゃあ大きさの調整ですね。
ただ、ここで気が付きました!!
今までのエフェクトの出し方って、やっぱ変なんですよねww

爆発エフェクトを、ミサイルが当たった時に出す。-> エフェクトの大きさを隕石のタイプで調整。
って感じだったんですが、ミサイルが隕石に当たって爆発するって流れが実際に起こったら、こうじゃないですよね。

ミサイルが当たったら、ミサイルの破壊力に応じた爆発エフェクトがでる。
さらに、隕石が破壊されたら、破壊されたエフェクトを隕石のタイプに応じて調整して出す。

これが実際の流れなんですよね〜。
なんで、ちょっとこれまでの仕組みから変えますね。

今までの爆発エフェクトを、ミサイルが当たった時に、当たった場所に出します。
さらに、ミサイルがパワーアップしてたら、大きな爆発になる様にパラメータを調整。

さら〜に、隕石が破壊された時用の、煙だけの爆発エフェクトを用意。
隕石のタイプ(大きさ)に応じて、大きな煙になる様にパラメータ調整。

さ、そうして実装したゲーム画面の動画はこんな感じです!!

これで、なんとか爆発エフェクト調整編、完結かな?

初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 

posted by やまけん at 10:23| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: