2014年12月12日

ゲームのアップグレード (41) | ボイスオーバーの編集と実装!

さて、今回はボイスの対応、というか、一連の編集作業かな?
使う部分は前にやった効果音と同じ対応なはずなんで。


音の編集って何でやるの?
これまで、編集された音源しか使った事無くって、自前で編集した事ないんですよね〜。
なんで、ちょっとリサーチ。
なんか、いい感じのフリーソフトはないかなぁ〜....

....そして30分後。

なんと!いい感じのフリーソフト、もう入ってる!!
知らなかった〜。
リサーチの結果、マックには標準でインストールされてる "GarageBand" ってのが入門としては随分良いみたいです。

そうなんだな〜。これは盲点...
じゃ、ちょっと勉強しながら、音声ファイルを編集してみましょうかね!


"GarageBand" を起動して音声ファイルをインポート
では起動してみましょう!
Application の中の "GarageBand" をクリック。
Application2.png
まずは "Empty Project" を選んでみましょうかね。
firstScreen2.png
ダブルクリック!

すると次はこんな画面が..
secondScreen.png
で、もうデータとして存在してる音源をいじる時は、一番左の "Software Instrument" でいいみたい。
secondScreen2.png
これをまたダブルクリック!

なんかいろいろ立ち上がっちゃいましたねw
3rdSCreen2.png
ちょっと試してみたんですが、この、今は必要ないトラック、消しちゃうとトラックが一つもなくなって最初からやり直しになっちゃうみたいなんで、このまま、自分の音源ファイルをドラッグしてドロップしますね。
Dropped3.png
で、これで元々あったトラックを消しても大丈夫かな?
消したいトラックの上で右クリックしてメニュー表示。
deleteTrack2.png
で、"Delete Track" を選択!
ついでに、いらないキーボードのウィンドウも消して...
DoneImport2.png
さ、ファイルのインポートはこれで完了ですね!!


音声ファイルを必要な長さに分割
さ、インポートは終わったんだけど、このファイル、実は iPhone のボイスメモで録音した、3分ぐらいの長い音声ファイルで、必要な部分だけ分割して切り出してやらないといけないんですよね〜。
こまった!
なんで、そのあたりを見て行きますね。

さて、まずは必要な部分を見つけましょう。
start2.png
再生ボタンでトラックを再生して確認してもいいし、
start3_play.png
赤丸のボタンで再生

他に、再生位置を移動するスライドバーみたいなのもあるんで、それをドラッグして移動してもいいし。
start4_slide.png
左ボタンホールドで左右にスライド
で、切り出す場所は見つかったかな?
Cut2.png
今は上の赤丸の部分だけを切り出したいんで、スライドバーを画面の位置にセット。
で、ここでトラックをスプリット!
Edit -> Split Regions at Playhead でスプリットですね。
Screen Shot 2014-12-12 at 1.25.44 AM.png
スプリットを選ぶと....
Split.png
上手く分かれたみたい ♪
じゃ、手前の部分を消しますね。
クリックして選択状態にして...
select.png
delete ボタンで....消えましたね!
deleted.png
さ、同じ要領で、切り出したい音声の終端でもスプリット!
Screen Shot 2014-12-12 at 2.42.51 AM.png
さらに両端を微調整したいんだけど....
scale_adjust2.png
この右上のスライダーで、時間のスケールが調整出来るみたいなんで、これで拡大表示してやると、さらに細かい調整できるみたいですね!!

データの両端が決まったらここでエクスポートです!
トップメニューの Share -> Export Song to Disk... を選択!
Screen Shot 2014-12-12 at 2.50.22 AM.png
セーブデータの名前やフォーマットやらデータ品質やらを設定して Export をクリック!!
Export2.png
クリックすると....
Screen Shot 2014-12-12 at 2.59.55 AM.png
データ、エクスポートされましたねぇ〜!!!

ちょっと長くなったんで、今日はここまでね!!

        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
 初めてみました。よかったらクリックお願いね ♪

こんなのが自宅に一冊あると、とても便利かもしれない
posted by やまけん at 10:43| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。