2014年12月11日

開発環境のアップグレード (2) | デバッグコードの管理

今回はちょっと寄り道。
また、開発環境について少しだけね。


デバッグコードって?
ゲーム制作自体結構佳境になって来たんだけど、そうなってくると、普通だと見にくい画面の作成やチェック、改良なんか頻繁になってくるんですよね。
例えば、ログインボーナス画面、ランキング結果画面とかです。

この辺は、本番に近い環境だと、1日1回とか、1週間に1回とかの画面なんで、むりやり表示するデバッグコードを書いてやる必要があるんだけど、そこまでは、まあよし。
でも、その後、ちゃんと本番環境の状態に戻してやんないといけないし、またバグとかあると、同じデバッグコードに戻してやんないとだめなんですけど、込み入ってくると、結構面倒で、なんか1カ所忘れてて、戻し忘れちゃったりすると、もうズブズブの深みにハマる訳ですね〜


デバッグコードとリリースコードの管理
さて、だいたい、そういうコードは、#define と #if ~ #else ~ #endif なんかを使って分岐してやる事になります。
Unityだと、File -> Build Settings -> Player Settings... に、Define Symbol を設定出来る様になってます。
Screen Shot 2014-12-10 at 2.11.42 PM.png
Shift + Command + B でもいいけど

PlayerSettings2.png
で、Inspector ビューで下に降りて行くと....
DefineSymbols2.png
ここの赤線の所に、シンボルを入力して行く訳ですね!
複数のシンボルは、セミコロン(;) で区切って入力。
SYMBOL1;SYMBOL2;SYMBOL3
みたいな感じで!
しょうもない注意点だけど一カ所だけ。シンボル変更後に、Unity以外のアプリにフォーカスを映すと変更が反映されずに戻っちゃうみたいなんで、変更後、Tabキー押すとかして、Unity内でどこか別の場所にフォーカスを映してやってね。

じゃ簡単に実装してみましょうね。
これは、ゲームオーバー後に、スコアが週間ハイスコアかどうかチェックしてる部分で、デバッグだと毎回週間ハイスコアが出た事になる様にしてます。(652行目〜654行目)
Screen Shot 2014-12-10 at 2.31.21 PM.png

653行目はグレーになってて、有効なコードじゃない状態
じゃ、Define Symbols に "WEEKLY_HIGH_SCORE_DEBUG" シンボル追加!
すると....
Screen Shot 2014-12-10 at 2.26.33 PM.png
これで653行目のコードが有効になって、毎回フラグを強制的に立ててくれる様になりましたね〜!!

こんな要領で、デバッグのコードを管理していく事になります。

        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
 初めてみました。よかったらクリックお願いね ♪

なんか、小難しそうだね
posted by やまけん at 11:27| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: