2014年11月28日

ゲームのアップグレード (33) | ストア情報をちゃんと取ってくる

さて今回はストアに戻りますね。
今、ストア機能自体はちゃんと動いてるんだけど、正直表示する情報が足りないんですよねw
もっとはっきり言うと、価格が表示されてないんですよね。
さすがに値段も分からないシロモノもなかなか触ってもらえない気もするんで、今回はその辺を修正!


価格の情報って取れるの?
さて、実装は簡単で便利なSoomla様だけど、ちょっと情報が探しにくかったりするんですよね。
ちょっと何が出来たか、もうちょっと細かく見てみましょう。

SoomlaStore クラスが大体メソッドを持ってるはずなんですが....

...あ〜、これかなぁ〜?
SoomlaStore.RefreshMarketItemDetails ってありますね。
これを呼ぶと、終了イベントが入ってくるみたいで、List<MarketItem> 型を返してくれるみたい。

ちょっと試しに呼んでみようかな?

Screen Shot 2014-11-26 at 9.44.54 AM.png

呼び出しは簡単ですね(663行目)。
受け取り側は、こんな感じみたいです。特にドキュメントがある訳じゃないんだけど。
Screen Shot 2014-11-26 at 9.46.59 AM.png
中に入ってるデバッグ表示は、ホントに確認用なだけですからね。

で、この下みたいに新たにイベントハンドラをセット。
Screen Shot 2014-11-26 at 9.47.18 AM.png

99行目ね

ついでに言っておくと、これは処理終了時のイベントだけど、リフレッシュ処理開始時のイベントも取れるみたい。
ハンドラは、OnMarketItemRefreshStarted らしいよ。

さて、じゃ、この辺はちゃんとデバイスじゃないと確認出来ないんで、デバイスで実行してみましょう。どうかな?


MarketItemList2.png
おぉ〜、大丈夫っぽい!
やっぱ便利ですね〜。Soomla。
通貨コードとか、通貨コード付きの価格文字列とかも入ってるんですよね、この MarketItem型 って。
で、その後ちょっと追跡テストしてみたんだけど、MarketItem.Price は、自分で設定した StoreAsset の値段が入るみたいなんだけど、そこを変えても、最後に表示してる通貨コード付きの値段の中身は変わらないんだよね〜。
という事は、このデータは iTunesConnect から取って来てるデータを加工した文字列のはず!!

便利〜!!通貨コードとか、iTunesStore の国ごとの通貨対応とか面倒だと思ってたんだよね〜。
その辺、完全に無視出来るみたい!!
ラッキー!

さて、じゃ価格表示も追加したんでテスト、テスト!
IMG_9297.PNG
大丈夫みたい!
何カ所か元のテキストにミスタイプ入れといたけど、ちゃんと正しいデータが読めてるみたいだねっ!!

これで価格が見えない問題と、国別ストアの通貨表示の問題も含めて解決かなっ!?


        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
 初めてみました。よかったらクリックお願いね ♪


でもやっぱこちかな〜。でもちょっとノリが米国過ぎない?
posted by やまけん at 10:03| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: