2014年11月17日

ゲームのアップグレード (24) | レベルデータを更新

今回から、ゲームの肝になる難易度設定、レベルデータの設定をしていきますね。
さて、どんなパラメータを用意するかな?


これまでの仕様の確認から
さあ、いままでだいぶ テキトー なパラメータでレベルアップを管理して、隕石のパラメータを変えてたんですけど、そろそろちゃんとしたレベル毎のパラメータを設定していきますね。データエクスポーターも前に作ったし!

今難易度を変える為に管理してるのは、
  1. 隕石の落下速度
  2. 隕石の発生間隔
  3. 隕石の大きさ
あっ、3つしか無かった!
しかもレベルアップは、破壊した隕石の数だけで、等間隔にレベルアップする仕様だし。

これじゃ、いろいろバランスを整えるの、大変ですね。
ちょっとどうするのか、ちゃんと考えてみましょうかね。


新規のレベルデータの仕様を考える
じゃ、どうしましょうかね?
レベルクリアの条件を細かく設定したい。隕石の落下速度や発生間隔も、線形補間で得た値じゃなくて、それぞれのレベルで設定したい。得点の倍率もレベル毎に設定しよう!あっ、そしてボスレベルも欲しい!

  • そんな訳で必要な項目は、
  • レベルのタイプ。
  • 隕石の落下速度。
  • 隕石の発生間隔。
  • レベルクリアの条件タイプ&数値データ。
  • スコア倍率

こんなとこかな?

あと、その他のフィーチャーも、各レベルでユニークな物をアンロックしたい。
その他フィーチャーっていうのは、例えば、
  • デバイス傾けての移動は最初ロックして、途中からアンロック。
  • 傾けて移動させる範囲をだんだん広げる。
  • 隕石の発生範囲をだんだん広げる。
  • 大きな隕石の出現をアンロック。
  • 斜めに落下する隕石のアンロック。
  • etc.

とかかな?
ま、このへんは思いついたらすぐに追加できる様な仕様にしたいね。


レベルデータのソースファイルの仕様を決めてみる
という訳で、またエクセルでデータを作って行くんですが、前に作ったアップルスクリプトのエクスポーターでエクスポートできる様に仕様を考えてみますね。

...そして32分後。

さて、こんな感じになりました
Screen Shot 2014-11-14 at 6.29.52 PM.png

さて、エクスポーターは動くかなぁ〜?
ん。大丈夫!
ちゃんとデータ吐き出せたぜ!!
Screen Shot 2014-11-14 at 6.48.17 PM.png
全然入りきらないくらい長いんだけど....

良かった!エクスポーター勉強した甲斐ありました!
では、実装....はまた次回だね!!


        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
 初めてみました。よかったらクリックお願いね ♪


個人的な感想で言うとVBよりも好きかもしれない
posted by やまけん at 11:20| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: