2014年10月19日

iTunes 対応 (17) | iAD に対応 part3 ちょっと長いAdにつきあってもらおう

さて、普通の iAd 広告はもうお手の物ですね!
今回は、別パターンの広告表示に対応していきますね。
ま、ユーザーさんにはメリットないかも知れないんですけど、フリーミアムじゃしょうがないですよね...
ゆ・る・し・て・ね。


さらにうざいけど、15秒間の無理矢理見ていただく広告の導入
前回、ゲームオーバー後に毎回 iAd を表示するのは出来る様になりました。
ただ、アップルでは iAd バナーを15秒間表示するのを推奨してる様に書いてあった気もするんですよね。
なんで、毎回15秒見てもらうのも非常に心苦しいので、たま〜に見てもらう仕様にしましょうかね。

具体的には、4プレイに一回、15秒間の iAd 広告を見てもらいたいと思います。
それ以外は、手前で実装してた仕様で、Ad 表示してから3秒でタイトルに戻れます。

で、実装コードだけど、こんな感じ。
Screen Shot 2014-10-17 at 2.16.50 AM.png
nAdCount っていうプロパティを追加して、毎回Adを表示する毎にインクリメント。
で、4で割ったあまりが 0 の時、長いバージョンの広告表示にする感じですね。

ゲームステップに、GAMEOVER_AD_LONG って増やしたんですけど、読んでる関数自体は GAMEOVER_AD と同じで、updateAdBannerWait で変わって無いんだけど、ちょっと中身が変わってます。
Screen Shot 2014-10-17 at 2.17.25 AM.png
GAMEOVER_AD_LONG の時は、672〜674行目で、タイトルに戻れるまでの残り時間を表示してます。
なんにも無いと、イライラするもんね〜。(あってもだけど...)

あっ、そういえば AdBanner、2種類ありますね...AdBanner と AdBannerCenter。
実は、AdBannerCenter って、長いバージョンの Ad を画面の中心に表示する形にしたかったんですよね。
ただ、それって iPad 専用の Ad らしいんで、iPhone では結局どっちも同じ下側のバナーになってます。
初期化はこんな感じで。
Screen Shot 2014-10-17 at 2.28.44 AM.png

あぁっ、ついでに iPhone か iPad かの、デバイスの種類の取得はこんな感じでやってます。
Screen Shot 2014-10-17 at 2.32.19 AM.png
59行目ね。

さて、そんなわけで、実行してみると....
ま、思った感じの動きになってるよね...?

いっぱい見てクリックして貰えたらいいんだけどなぁ〜

        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ
 初めてみました。よかったらクリックお願いね ♪


あくまで口コミ拡散だよね。ま、幻想だけど...
posted by やまけん at 15:26| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: