2017年11月18日

Dodge x Dodge リリース!!

というわけで、Dodge x Dodge リリースされました!!

弾幕系よけ x よけゲーム

よけてよけてよけまくれ!
古き良き、海外アーケードスタイルの操作感で、挑戦的なステージに挑み、誰よりも遠くへ!

今回から、App Preview Video を作ってみました。
制作に使ったツールなんかは、また後日記事にしようかな?と思ってます♪


先日の Apple提出編 にあった通り、China 以外の、154地域へリリースです!
iOS デバイスが手元にある方、是非お試しを〜!!

昔からあるこちらもよろしく〜
Version 1.2.0 絶賛公開中!!
iOS デバイスの人は、上のアイコンからダウンロードしてみてね!!
基本無料。ゲーム内課金有り(無料で十分遊べます)

Version 1.1.0 絶賛公開中!!
すくすく教育シリーズ第一弾

では、また〜

初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 

続きを読む
posted by やまけん at 11:14| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

Apple へ提出!!

Version 1.2.0 絶賛公開中!!
iOS デバイスの人は、上のアイコンからダウンロードしてみてね!!
基本無料。ゲーム内課金有り(無料で十分遊べます)

Version 1.1.0 絶賛公開中!!
すくすく教育シリーズ第一弾


ようやくたどり着きました!!
アップルへの提出です!

結構久しぶりなんですが、色々変わっちゃったかなぁ〜。
ちょっと見ない間に、大きく変わっちゃう事もあるんで、怖いんですよねー

さて、2つですかね?大きな違いは。

一つ目は、暗号化に関する設定で、アプリが、暗号化を使っていない(ユーザー情報の内部での暗号化以外)事を、
info.plist に明示しないといけないみたいです。
iTunesConnect の My Apps 内の、Features タブの、Encryption タブに設定方法が載ってますね。

Encryption_info.png

これを、Xcode を開いて info.plist を選択して追加してやります。
Non-Exempt Encryption.png
App Uses Non-Exempt Encryption ってやつです

設定後の見た目は、こんな感じになります。
Non-Exempt Encryption2.png


で、二つめ。これ、結構大きいんですけど、中国でのパブリッシュに関してです。
えーっと、知らなかったんですが、中国でアプリをパブリッシュするには、国から許可を得る必要があるみたいなんですねー。
で、許可を得るためのプロセスは ここから なんてリンクも iTunesConnect に貼ってあるんですが、中国語だけなんですよね...

さらに調べて見たんですが、アプリの入ったスマホを2台中国に送らないといけないとか、審査に2週間かかるとか、
なんか面倒な話ばかり出てきたんで、今回(法律が変わるまでずっとかもしれませんが...)は、中国へのリリースは諦めようと思います。

なので.....
Release_territories.png
残念だけど、しょうがないなぁ〜

China 以外の、154地域へリリースです!

では、また〜

初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 

posted by やまけん at 03:16| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

Firebase の対応(5) | Xcode で実行

Version 1.2.0 絶賛公開中!!
iOS デバイスの人は、上のアイコンからダウンロードしてみてね!!
基本無料。ゲーム内課金有り(無料で十分遊べます)

Version 1.1.0 絶賛公開中!!
すくすく教育シリーズ第一弾


なんだかんだで長くなってしまったんですが、ようやく firebase のセットアップができた気がします!

じゃ、デバイスで実行して見たいんで、Xcode をおもむろに開けて動かして見たいと思うんですが....



実は、ここで、本当に書くのも恥ずかしい様な間違いで、結構長いあいだデバイスビルドが動かなかったんですよねー
自戒も込めて書きますが、Unity で Pod ファイルを処理する様になってから、.xcodeproj ファイルではビルドが通らなくなります。当然なんですが。
必ず、.xcworkspace ファイルから Xcode を開きましょうね ♪

なんかこんなしょうもない間違いをする人も少なくて、ググっても全然見つかんなかったんですよねー

iOS_Build_structure.png.xcworkspace を使いましょう

こっちからだと、ビルドの依存関係含めて、全て綺麗に処理されました ♫

これでしばし実行してみると....
firebase_Event_Page.png

ちゃんと、イベントが記録されてるみたいですね。

ユーザーの数とかも、何の苦労もなく見れちゃいます!
ActiveUsers.png
中の人は1人なんですけどね


じゃ、こんな感じかな?
やっと落ち着いた感じがするんで、Apple に提出してみようかと思いますね

初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 

posted by やまけん at 09:58| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

Firebase の対応(4) | Firebase コンソールと Xcode の設定

Version 1.2.0 絶賛公開中!!
iOS デバイスの人は、上のアイコンからダウンロードしてみてね!!
基本無料。ゲーム内課金有り(無料で十分遊べます)

Version 1.1.0 絶賛公開中!!
すくすく教育シリーズ第一弾


じゃ、ここ に戻って、ステップに従って、Firebase Console に行って見ます。
Google アカウントでログインして進むと....

ここが、Firebase Console。なんとなく、AdMob と同じコンソールだと思ってたので、ちょっと意外。
Firebase-1st.png

Add Project を選択して、
NewProject.png
プロジェクト名を入力して、"CREATE PROJECT" をクリック!

こんだけで、どうやら Firebase プロジェクトは登録完了みたいですね!
NewProjectComplete.png

次のステップに従って、"Add Firebase to your iOS app" をクリック!
最初のページは、iTunesConnect から情報を取ってくるだけですね。
firebase_ios_setup1.png
すると....

おっ、これです!これが欲しかった!
ここで、ついに XCode 用の .plist ファイル がダウンロードできるみたいです。
firebase_ios_setup2.png

ファイルは大事に取っておいて、このセットアップが終わったら、Unityに戻った時に、プロジェクトにコピーしましょう!

さて、後で気がついた事なんですが、以下の部分、Unity を使って入れば、飛ばしても問題ないみたいなんです。
一応、参考の為に残しておきますが、特に読まなくてもいいかも。
Unity でビルドを作る際に、この GoogleService-Info.plist を参照して、CocoaPods からのアップデートなんかを、勝手にやってくれるみたいです。
だから、ビルド時にエラーになってたんでしょう。

あ、でも、最低サポートOS バージョンのとこだけ関係あるかな?
6.0 にしてたんですけどそれじゃ駄目なはずなんで、8.0が最低サポートバージョンみたいです。
それ以前なんて、もうほとんど稼働してない見たいなんで、いいですよね♪

File -> Build Settings... で、Player Settings... を選んで、
Inspector から、Target Minimum iOS Version を、8.0 にしてやりましょうね。

iOSMinimumVersion.png

これで、iOS ビルドは綺麗に作れる様になりました!


じゃ、以下、飛ばして問題ない部分です!

で、次は FirebaseSDK。これは、別にパッケージをダウンロードしてコピーしてもいいみたいなんですが、CocoaPods を使った方が管理が簡単そうなんで、そっちにしますね。

firebase_ios_setup3.png

はっきりいつかは忘れたんですが、ちょっと前に AdMob のエラーを治してる時に、CocoaPods はインストールしてて、Xcode Project には Podfile があるみたいなんで、Step 1. は飛ばして、Step 2. に従って、'Firebase/Core' を追加します。

Podfile.png
編集後は、こんな感じ

それが見当たらない人は、CocoaPods をインストールして、pod init をターミナルから実行しましょうね。Xcode project のフォルダに移動してから。

これ、Unity から iOS ビルドを作る時に、AdMob の方から Podfile が作られてるみたいです。
ちなみに、CocoaPods は、Xcode で使うSDK の管理ツールだそうです。今の所、実際の中身は見ないことにしておきましょう!

で、pod install をターミナルから実行!
あれ?全然ダメでしたね(涙)
エラーです。

って、これは単純みたいですね。
自分のプロジェクト、iOS の最低サポートバージョンが、iOS 6.0 になってるんですが、Firebase はそんなのサポートしてないみたいです。
なんで、Unity のプロジェクトセッティングを変更して、iOS 8.0 からのサポートにしたいと思いますね。
2%くらいの人しかいないみたいですけど、8.0とそれ以下の人達。

これで、最新の Podfile はこんな感じです。
Podfile3.png
これで再度 pod install をターミナルから実行すると.....
Podfile2.png

うまく行ったみたいですね!


飛ばして問題ない部分ここまで!


さて、最初に、Firebase の対応って言ってたんですが、結構大きくて、ちゃんと見始めると、解析以外にも色々サービスがあって、有料サービスも結構あるみたいですね。

自分としては、iTunesConnect で得られる情報より、ちょっとだけ詳しい情報を得たいだけなので、ひとまず簡単なアナリティクスの対応だけに留めて置きたいと思います。

じゃ、コンソールのセットアップはこれで終了!またね〜

初めてみました。よかったらクリックお願いしますね ♪
        にほんブログ村 ゲームブログ×PlayNCBlogへ 

posted by やまけん at 09:56| Comment(0) | Unity | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。